賭博罪にそもそも該当するのか?

国内賭博だけなく、海外遠征賭博で物議をかもした有名人もニュースを通じて見ることがありましたが、特にこの頃にはインターネット賭博が私たちの生活に深く侵入することになってきました。一般庶民はやはりインターネット賭博で大きい被害をこうむっていて、賭博というのはその中毒性が最も危険で他の犯罪につながる可能性が大きい犯罪なので、個人の問題だけなく社会的な問題で扱われるほど重要な問題です。

とりわけ不法賭博などは庶民経済を惑わして、家庭を崩壊させる主要要因になるので 最も良い方法はこのような賭博を最初から開始さえしないことが最善の方法になります 賭博は果たして不法なのかそして賭博罪は何か見ていきましょう。

Q.詐欺賭博罪が成立するのかどうか?

A.賭博というということは2人以上で財物を睹して偶然な勝敗によってその財物の得失を決めることであるから、いわゆる詐欺賭博であれば、賭博当事者の一方が詐欺の手段で勝敗の数を支配する場合にあるので、賭博にあっての偶然性が欠如して詐欺罪だけ成立して賭博罪は成立しません。 賭博は過去から私たちに良くないイメージが強かったです。映画でも見られてドラマでも見られるが、賭博に一度陥った人は決して良い結末を得られませんでしたね。

この頃、インターネットを通した賭博が隠密に私たちに接近していて、また、このようなインターネット賭博に陥って激しい中毒症状と借金をする人々が増加しています。決してその賭博は勝つことができなくて、絶対お金を取ることはできない詐欺的な手法で金銭を巻き上げられてしまうようなこともあるので気をつけるようにしましょう。