職場でセクハラでの対処

女性の社会的進出が増加して、職場内セクハラが増加する傾向です。とりわけ会食の強要も酒を注げとの指示などは過去に比べて減っては来ているが、まだわい談や性的羞恥心を誘発する冗談、身体的接触など女性たちが職場で円満な生活をするには、まだ意識水準が完全に成熟しているとは言い難いです。

とりわけ女性はこのようなセクハラにあっても、勤労と関連した不利益が発生することを憂慮して、不満事項を訴えないことが多いので、持続的にセクハラが発生するならば、一人で精神的苦労してこらえることでなく、もう堂々と権利を主張して、自身を守る度胸が必要です。女性の職場内セクハラは心理的な傷だけなく、激しい場合、精神的トラウマまで抱えてしまうことがあるので、こらえると解決される問題は決してないです。

職場内でセクハラにあった時対処できる方法で個人が対応する方法と機関を通じて問題を 解決する方法があります。 職場でセクハラにあったとすればどのように対処しなければならないだろうか?

自分で解決する
1.個人的対応 拒否意志を直接表現して、これが難しければ加害者に直接手紙やメールを書く。
2.周辺職員らと問題を相談して共同で対応する。
3.上司に加害者の行動を阻止するように要求する。

専門の機関を利用する
1.被害者は苦情相談窓口を通じて被害内容を相談して処理を要求する。
2.被害者の要求が受け取られた時事件に対する調査、確認手順を踏んでセクハラに該当しないと判断されれば、当事者に通知して終結措置する。
3.セクハラ事案が軽微で当事者間に和解が可能な場合には調停案を用意して両者の合意で事件を終える。

調停案には被害者に対する公開謝罪、行為者に対する警告、行為者の覚書提出による謝罪と再発防止保障、行為者または、被害者の部署移動などの方案を考慮することができる。
4.人事措置および懲戒 調整が成立しなかったり、要注意事案である場合には機関長は行為者の電報、職位解除、懲戒要求(けん責、減給、正直、解任、罷免)などの適切な措置を取らなければならない。

女性特別委員会に申告
1.セクハラ被害者は女性特別委員会に申告することができる。 2.委員会はセクハラ事項に該当すると認める時には合意勧告をして、合意が成り立たない場合、調整に回付することができる。 3.当該公共機関の場または、使用者に次のような是正措置を勧告する。