セクハラの種類と類型刑事事件

女性の社会的進出が拡大して、職場内セクハラ問題も毎年増加しています。最近は女性に対するセクシャルハラスメントは改正された法律によってその処罰が強化されています。 とりわけ最近改正された内容は親告罪を事実上廃止することになって、被害者の申告や告訴なくとも犯罪を法に適用できます。

過去とは違った職場の雰囲気とりわけ女性にささいなスキンシップや性的な冗談は職場内セクハラで処罰されるので、その故意がないといっても男性方々は組はなはだ処遇をせねばなりません。セクハラの対象は女性だけなく男性も該当するので、相手に不快感を与えたり性的羞恥心をあたえる行為は一切しないことが健全な社内文化と業務環境を作るのに役に立ちます。 職場内セクハラは主に会食席やワークショップなど会社外で起きる事例も多いが、事務室内でまたは、仕事場で淫らな冗談や特定の身体部分を触る行為も多いです。

法に対する処罰が次第に強化されて、職場内セクハラ問題は次第に減っている傾向だが、強化された法律を悪用する女性たちの犯罪もたびたび発生しています。

職場内セクハラ類型

1.肉体的セクハラ キスや包容、後から抱くなどの身体的接触 胸、お尻など特定の身体部分を触る行為 愛撫を強要する行為など
2.言語的セクハラ 淫らな冗談やわい談 容貌に対する性的な比喩や評価 成績事実関係を執拗に尋ねたり性的な内容の情報を意図的に流布する行為 性的関係を強要したり懐柔する行為 淫らな内容の電話通話 会食席などで無理にそばに座らせて酒を注ぐように強要する行為など
3.視覚的セクハラ 猥褻的な写真の図、落書き、淫乱出版物などを掲示したり見せる行為 直接または、ファックスやコンピュータ等を通して淫らな手紙、写真、図を送る行為 性と関連した自身の特定の身体部門を故意に露出したり触る行為

職場内セクハラは社内の雰囲気を悪くし、当事者と身の回りの人に大きな傷跡を残すだけでなく、精神的な傷を通じて被害者は一生拭うことができない苦痛とトラウマに苦しめられることになります。ほんの出来心のささいないたずらでも、当事者には激しい羞恥心を感じさせていることもあります。ささいな接触と冗談でも相手を配慮して考えて行動しなければなりません。