加害者の補償に関して

ささいな自動車接触事故が発生しても、過失有無を問い詰めて被害者に補償をするように、すべての事件には被害者と加害者がいるようになっていて、加害者は被害者に被害に対する補償をしなければなりません。 段階として合意を得られたとの補償になるので、まず第一に合意を取ることが加害者から補償を受け取る第一歩になります。

刑事事件で合意はどんな意味があるのか?必ずするべきか?

被害者がいる場合、被害者の処罰不要の意志表示は大変重要な量刑要素になります。犯罪によって他の人の財産または、身体に侵害を加えた場合、損害を賠償して被害者を慰めたという事情は大変重要です。 検察や裁判所では被害者がいる場合、合意を大変重要だと考えています。拘束不拘束の決定基準や検察で罰金または、起訴猶予などの釈放の有無、裁判段階で執行猶予または、保釈などの釈放において大変重要な要因として作用しています。

被害者との合意は用心深く交渉をしなければなりません。 事件発生初期段階では被害者の感情が非常に激昂しているのでさっさと合意しない可能性が高いです。初めには合意の話をせずにまず人間的な謝罪をした方が良いです。 合意は必ずお金だけでするのではありません。

故意にしても過失でもひとまず被害を与えたのでそれに対する謝罪をして、被害者の立場に立ってどのようにすれば心の傷を治癒させて、回復させることができるのかを考えなければなりません。 交通事故の場合、病院にしばしば訪ねて行って病気見舞いをすることが重要です。

今日のような社会の雰囲気ではお金なしでは合意もなりません。多くの場合、お金が問題です。 しかし人は人情に弱いことであるから事故を起こした人がしばしば訪ねて行ってお願いをすれば被害者やはり心が落ち着いてやわらぎます。

合意過程

合意という過程は裁判手続きとは違って特別な専門家が介入するのではなくて当事者どうし協議して決めることになります。当事者は合意金額自体もどの程度ならば良いのかに対し特別な知識と経験がない状態です。

それで実際にはとんでもなく多くの金額を支給する場合もあります。 合意金額を定める前に弁護士など専門家の助けを受けることが必要です。ひとまず被疑者が拘束されればこれを機会に被害者は一般的に多すぎる金額を要求する場合が多いです。このような場合にはそういう事情を釈明して一定金額を裁判所に供託する方法があります。 もちろん供託は完全合意とは違ったわけだが特別な事情がある場合には合意を見たのと似ているように処理されることもできます。

供託をする場合には供託金を受領する受託者の住民登録謄本などの資料が必要で、管轄法院は受託者の住所地管轄法院になります。被害者が色々な人である場合、管轄法院が違って手続きが複雑でとても多くの時間がかかります。 拘束令状が請求される場合とともに緊急を要する時は供託手続きを速かに踏まなければなりません。実際に事件関係人はお金だけ準備すれば供託手続きは銀行に納付だけすればなると考えていて時間に追われてまにあっなくなってしまうことも多いです。 合意は文書化するべきです 合意になれば合意書を作成しなければなりません。

合意書にはできるだけ詳細に合意内容を記載した方が良いです。

合意によって刑事事件において被告人に対する処罰を望まないという意志表示とともにすべての損害賠償を受けたことで、これ以上民事上の請求をしないという意志表示を受けておくことが必要です。 実際には合意になって告訴取り消しをしたが被告訴人がそういう合意内容を履行しないといって再度告訴を提起する場合もあります。このような場合にはほとんどの告訴却下または、無嫌疑処分になる場合が多いので告訴人の立場では合意する時に文書化を徹底するようにしておかなければならないでしょう。

合意書にはできるだけ被害者の印鑑証明を添付するようにして、合意内容が重要だったり合意金額が大きい場合には公証を受けておくことが望ましいです。